ギャルズタウンのお好きな街にあなたのサイトの看板を出せます。 ギャルズタウンをご利用いただいているレジデントの皆様に参加していただきたいです。 21000人以上の皆様にご利用していただいている無料サービスです。 ギャルズタウンのヘルプ委員、メイヤー、レジデントの皆さんが真心を込めて作ってくれたヘルプページです。 ギャルズタウンの案内ページです。 商用サイトを運営なさっている方のための相談・提案サービスです。
ギャルズタウンの総合トップページへ!
Click here to visit our sponsor

 野菜編  

アスパラガス・オクラ・カボチャ・きくらげ・キャベツ・きゅうり・ごぼう・小松菜・こんにゃく・さつまいも

アスパラガス:炒める・焼く・揚げる調理法が最もよい。茹でる時は、マヨネーズよりもドレッシング
          の方が、ビタミンAの吸収が良い。他の野菜に比べてたんぱく質が多いのが特徴。
        たんぱく質に含まれるアスパラギン酸は、弱った胃腸を整え、食欲を高めます。
             疲労回復・貧血・成人病に効果発揮。腎臓の機能回復と利尿効果に優れている食品。
       先端や茎に含まれるルチンは、血流を促進しビタミンCの働きを助けてくれる。
             アスパラガスには、白とグリーンの2種類がありますが、グリーンのほうが、たんぱく質・
      カロチン・ビタミンB2・繊維質が豊富で、栄養価は、はるかに優れています。


*下記では、アスパラガスとどの食品を食べ合わせるとどんな効果が出るかを表にしています。

オクラ・椎茸・茄子・ブロッコリー ガン予防・治療
椎茸・人参・ほうれん草・鶏肉・ゴマ 貧血防止
セロリ・昆布・グリンピース・ニンニク 高血圧症・動脈硬化
かぶ・しじみ・太刀魚・大豆・鶏肉 肝機能改善・食欲増進・疲労回復

オクラ :オクラを茹ですぎると大切な成分が損なわれます。青魚を煮る時に加えるとたんぱく質の
 消化にプラス効果Mが、表れます。オクラは、糖質やたんぱく質が豊富で、
ビタミンA・B1・B2・C・カロチン・カルシウム・カリウム
などを含む栄養豊かな緑黄職野菜です。
        胃腸の機能を増強し消化を助けると伴に元気を増す働きをします。
オクラは、8月頃が、一番美味しく薬効も優れています。
        ネバネバ物質が、血圧を降下させ糖尿病を改善し整腸作用もあります。
        
*下記では、オクラとどの食品とを食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。
こんにゃく・椎茸・山芋・納豆 強壮・糖尿病の改善
大根・ネギ・白菜・ブロッコリー・酢 消化促進
ハモ・はと麦 膀胱炎など排尿障害の改善
アスパラガス・トマト・わかめ・酢 高血圧の血圧安定

カボチャ:でんぷん質が多いため加熱調理が必要。カロチン(ビタミンA)は、熱に強いので、
        煮ても焼いても揚げてもOK!調理の際、油を使えば更に吸収率が高まります。
               カボチャは、ビタミン類が多く、とりわけベータ・カロチン(ビタミンA)を豊富に含んでいます。
        活性酸素を強力に除去する作用があり、ガン全般の予防・抑制に威力を発揮する。
 特に肺がん予防にいい。
わたの部分には、果肉の5倍にベータカロチンが、含まれています。
           2〜3切れで、1日のビタミンCが、まかなえる。食物繊維も多く、コレステロールの除去や
 便秘を防ぎ、大腸ガンの予防に役立ちます。
     かぼちゃは、身体を温め、胃腸を丈夫にし、体力をつける作用があります。

*下記では、カボチャが、どの食品と食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。
       
茄子・人参・ほうれん草・牛乳 肺がん・胃がんの予防
昆布・牛肉・銀杏・栗・黒砂糖・蜂蜜 気管を潤し咳・痰を治す
椎茸・カツオ・太刀魚・えんどう豆・牛肉 胃腸を丈夫にし体力をつける
アスパラガス・くらげ・わかめ・あずき 腎臓病によるむくみ解消


きくらげ血を綺麗にし婦人科疾患に有効。不老長寿・強壮、肌の美容に優れた効果を発揮。
        肺を潤し咳を止める作用により、治りにくいから咳や、痰に糸状の血が混じるもの、
           老人性の喘息などに効果的です。また、血管を強くする働きもあり出血予防に有効です。
         黒きくらげは、ミネラル分に富み、ビタミンB2をはじめとしたB群やE、レシチンなどが、
含まれ、老化防止によい。またカルシウムの吸収をよくします。
      きくらげの第一の効用は、血液浄化作用ですが、動脈硬化や高血圧、心臓疾患、
     婦人科疾患(子宮筋腫・月経不順・月経痛・不正出血)などに効力を発揮する。
      
*下記では、きくらげが、どの食品と食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

玉ねぎ・トマト・にら・ピーマン 血管の増強、出血の予防
にら・レタス・れんこん 婦人科疾患(子宮筋腫など)に
にら・人参・山芋・卵・ごま 強壮・虚弱体質の改善
玉ねぎ・茄子・いわし・わかめ・らっきょう 心臓病・脳卒中の予防


キャベツきゃべつは、特にビタミンCが、豊富です。大きめの葉1枚で1日に必要とされるビタミンCの約70%が
とれるので、風邪の予防や疲労回復に効果的です。
   注目したいのは、他の野菜にあまり含まれていないビタミンUやKを含んでいることです。
           ビタミンUは抗潰瘍性ビタミンと呼ばれ、胃や十二指腸壁の傷ついた粘膜を修復して潰瘍を治す効果が、
         あります。この働きは、秋キャベツより春キャベツのほうが優れている事も覚えておくとよいでしょう。
ビタミンKには、止血効果があり、やはり潰瘍の治療に役立ちます。
         また、ボケ防止や慢性疾患による体力消耗や老化に伴う足腰の弱りなどにも効果的に働きます。
   吸収率のよいカルシウムが含まれているので、虚弱体質や発育の悪い子供には、
ぜひ食べさせたい食品です。
      調理法としては、煮たり、炒めたりすると甘味が増え、胃腸の働きが活発になります。
         スープも一緒に飲める煮物が良いでしょう。(抗潰瘍、抗ガン活性を享受したい人は生や酢漬けで)

*下記では、キャベツがどの食品と食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。 

椎茸・いわし・鮭・豚肉・くるみ ボケ予防、脳を活性化
アスパラガス・さやえんどう・玉ねぎ・とまと・ブロッコリー 発ガンの抑制
椎茸・大根・すずき・栗 胃腸機能の調整
セロリ・玉ねぎ・とまと・にら 高血圧の改善、動脈硬化の予防


きゅうりきゅうりは、96%が水分ですが、この豊富な水分に特有の水分が含まれており、生で食べると
       体内の余分な熱を冷まして代謝機能を調整し、炎症を取り除いてくれます。
       またカリウムも豊富で、体内の余分なナトリウムを排泄して血圧の正常を保つ働きもします。
       きゅうりには、利尿作用がありますが、この作用は、生より煮て食べた方が強く、むくみも解消され
       血圧の調整にも有効です。
       またきゅうりに含まれる成分(マロン酸)は、体内で糖類が脂肪に変化するのを
       抑制するので、ダイエットにも有効です。豊富に含まれる繊維も腸内を掃除してコレステロールの
       吸収を抑制したり、便秘の解消、さらに末梢血管を柔軟にして血流をスムーズにします。
       ただし、ビタミンCを破壊する酵素(アスコルビナーゼ)が含まれて入る為、他の野菜や果物と一緒に
       ジュースにするのは、避けるべきです。そのかわり酢を加えたり50℃以上に加熱すれば酵素活性を失い
       ますので、酢の物や炒め物などにすれば心配は、なくなります。

*下記では、きゅうりとどの食品を食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

       

かぼちゃ・レタス・酢 利尿作用(手足のむくみを取る)
カキ・かに・卵白・すいか 解熱、炎症の除去
ごぼう・パセリ・みょうが・柿・梨 扁桃腺炎や口内炎の改善
しそ・茄子・くらげ・わかめ・酢 血圧安定・コレステロール低下に効果


ごぼうごぼうに含まれる繊維は、消化吸収されませんが、胃や腸をきれいに掃除して便秘を防ぎ、
      腸内の悪玉細菌の繁殖を防いでくれます。
      またごぼうの繊維は、悪玉コレステロールの除去や血糖が急上昇するのを防ぐので、
      高血圧や糖尿病にも効果的です。
      ごぼうには、性ホルモンの分泌を助けるアルギニンが含まれ、強壮効果があります。
      昔から元気の元とされ強精、強壮、老化を防ぐ食物として広く利用されてきました。
      調理法としては、切り口が広いささがきにするとガン予防効果のあるリグニンが、多く産出されます。
      油との相性も良いので、じっくり炒めると甘味が増し、強壮効果も高まります。

*下記では、ごぼうとどの食品を食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

 

かぶ・椎茸・大根 糖尿病の予防
人参・ゴマ・唐辛子 動脈硬化・高血圧症、脳卒中の予防
人参・牛肉 疲労回復・貧血の改善
大根・にら・ふき 消炎作用(喉の痛み・胃痛・おできに)

  

小松菜ほうれん草よりアクが少なく、さっぱりした小松菜は、ビタミン類やカルシウム、鉄分
       などミネラルをたっぷり含む、緑黄食野菜の優等生。
       100gで1日に必要なカロチン(ビタミンA)、ビタミンC、カルシウムが補給できるほどです。
       特にカルシウムが豊富でほうれん草の5倍あります。
       小松菜は、血液のめぐりを良くし、ホルモンのバランスを調整する効果もあります。
       また糖尿病の補助治療にも有効、血液の流れをスムースにする働きもあり、
       歯槽膿漏、肩こり、尿の出が悪くてむくむような人にも効果があります。
       女性の生理不順や生理痛、乳腺炎などの改善にも役立ちます。
       調理法としては、小松菜に含まれるカルシウムは、たんぱく質やビタミンDと一緒に取ると
       吸収率がよくなります。ビタミンCは、茹でると損失しやすく、またカロチンは、油と
       取ると吸収率が高まります。アクがないのでそのまま炒めるか、炒め煮がよいでしょう。

*下記では、小松菜とどの食品を食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

椎茸・アジ・いわし・カキ・鮭・干し海老・昆布 骨粗鬆症の予防
えんどう豆・豚肉・ゴマ 胃腸を整え、便通を良くする
シメジ・いわし・サザエ・林檎・塩 歯槽膿漏・肩こり・視力減退の改善
ジャガイモ・セロリ・レバー・梨 アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎の体質改善

 


こんにゃくこんにゃくは、昔から「腹の砂洗い」などと称せられ、腸内を綺麗にしてくれる事で知られています。
         成分の97%は水分ですが、健康には、不可欠の食物繊維をたくさん含んでいます。
         ノンカロリーのため、ダイエット食として見なおされてきています。
         普段から便秘や肥満が気になる人には、強い味方です。
         更にカリウムを60mg含んでいるので、利尿効果と血圧降下作用もあります。
         また糖質の吸収も防ぐので、血糖値の急速な上昇を防ぎ、血糖値を一定に保つことにも役立ちます。
         調理法としては、塩でもんで石灰分をのぞいて用いてください。
         また包丁で切らずに手でちぎって調理すると表面積が増し、味が染込みやすくなるだけでなく、
         体内に入ってからの吸着作用が増してきます。

*下記では、こんにゃくとどんな食品を食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

小松菜・里芋・竹の子・昆布 便秘の改善
玉ねぎ・チンゲンサイ・人参・大豆 糖尿病の予防と改善
おから・ひじき・唐辛子・こしょう 肥満予防・ダイエット効果
椎茸・茄子・わかめ・ゴマ・オリーブ油・酢 コレステロールの上昇を抑制


さつまいもさつまいもに含まれるビタミンCは、みかんに匹敵する量で、いも類の中では、トップ。
          しかも熱を加えても破壊されにくいのが特徴です。
          また老化防止に働くビタミンEは、玄米の2倍もあります。成人病や高血圧症にはかかせない
          カリウムも豊富に含まれています。
          またさつまいもには、繊維が豊富に含まれています。この繊維は、腸管で吸収されず、
          吸水性が高いので、糞便のカサを益すとともに軟度を増す働きをします。
          更に腸管のぜん動を活発にするので習慣性便秘で悩んでいる人の強い味方になります。
          調理法としては、焼く事です。ビタミン類の損失を最小限に抑えるには、丸ごと加熱してから
          小さく切ることです。

*下記では、さつまいもとどんな食品を食べ合わせるとどんな効果が期待できるかを表にしています。

アスパラガス・かぼちゃ・人参・ブロッコリー・グレープフルーツ 乳がん、肺がんの予防
ごぼう・椎茸・人参・グリーンピース 便秘の改善・大腸ガンの予防
春菊・玉ねぎ・にら・みかん・米・しょうが 胃腸強化・ストレスによる食欲不振の改善
きくらげ・茄子・昆布・わかめ・酢・オリーブ油 成人病の予防(コレステロールの減少と
血圧降下、心臓病の予防)





里芋・さやいんげん・さやえんどう・椎茸・しそ・じゃがいも・春菊・セロリ・大根・たけのこ