ギャルズタウンのお好きな街にあなたのサイトの看板を出せます。 ギャルズタウンをご利用いただいているレジデントの皆様に参加していただきたいです。 21000人以上の皆様にご利用していただいている無料サービスです。 ギャルズタウンのヘルプ委員、メイヤー、レジデントの皆さんが真心を込めて作ってくれたヘルプページです。 ギャルズタウンの案内ページです。 商用サイトを運営なさっている方のための相談・提案サービスです。
ギャルズタウンの総合トップページへ!
Click here to visit our sponsor

本州の人にとって北海道の地名は読めないものや面白い音読みのものが多いでしょう。

それは北海道の地名が、そのほとんどがそこで生活してきたアイヌ民族がつけた地名で、後から入ってきた和人がその発音に漢字を当てはめたからです。

ここでは、ほんの一部ですがその地の意味を解説します。これでもほんの一部です。
小川や小さな沢、山の頂にも名前が付いているのでそれは膨大な数になるので省略します。

引用図書:「北海道地名誌.NHK北海道本部編,北海教育評論社,昭和50年発行」
               「アイヌ語地名と現日本人.白糠地名研究会編,現代史出版会.」


ア行

阿寒(アカン)町 -釧路町-

旧阿寒川が釧路川に合するところを「ラカン・プッ」ウグイの産卵場の川口と呼んだところ、
和人がラカン川と呼びそれがアカン川になった。

旭川(アサヒカワ)市 -上川地方-

市内を流れる忠別川のアイヌ語「チュウ・ペッ」瀬の早い川が後に「チュプ・ペッ」日の川と解され、
旭川と訳されたという。

芦別(アシベツ)市 -空知地方-

芦別川から出た地名で、「ハシュ・ペッ」灌木の中の川の意味で、それに漢字を当てはめたものであろう。

足寄(アショロ)町 -十勝地方-

町名の由来は利別川支流の足寄川から出たもので「エショロ・ペッ」沿って下る川
釧路方面からこの川を伝わって十勝へ出たからと思う。

厚岸(アッケシ)町 -釧路地方-

JR厚岸駅西方の湿地帯を「アッ・ケ・ウおひょうの皮をいつもはぐところと呼んだことによる。

厚沢部(アッサブ)町 -桧山地方-

「ハチャム・ペッ」桜鳥川の訛ったものと「アッ・サッ・プ」おひよう皮を乾かす川の説がある。

厚真(アツマ)町 -胆振地方-

厚真川をアイヌ語で「アッ・オマ・プ」厚司にするおひょうの木のある川と言ったのに当て字し、訛ったもの。

網走(アバシリ)市 -網走地方-

原語は「チパ・シリ」で幣場島の意味。
現在の帽子岩に祭壇の幣場があったのによる。

虻田(アブタ)町 -胆振地方-

「アプ・タ・ペッ」の下略でうばゆりを掘る川の意味。

アポイ岳 -日高地方-

日高山脈南端の山で高度はさほど無いが珍しい高山植物があり、特別天然記念物となっている。
アポイは「アペ・オイ」で火のあるところの訛った名だが、昔先住の人々はアポイマチネシリ
「火のある女山」とも呼んでいた。

幾春別(イクシュンベツ)川 -空知地方-

「イ・クシ・ウン・ペッ」熊の越す川の意味。
イクシュンベツ岳に水源を発し、上流に桂沢湖(人工湖)を作って石狩川に注ぐ川。

幾寅(イクトラ) -上川地方-

南富良野町の中心地域。幾寅川から来ている地名。
「ユ・トラシ」鹿がそれに沿って登るに漢字を当てたもの。

イショップ川 -十勝地方-

佐倉山から流れ居辺川に合する右小川。
字名のイショッポが正しければ「イソポ」川の意味であろう。

イタンキ岬 -胆振地方-

室蘭市東町。アイヌ語でのこと。地形が椀に似ているからであろう。

入鹿別(イルシカベツ)川 -胆振地方-

厚真町と鵡川町の境をなす小川。アイヌ語で腹立ち川の意味。

色内(イロナイ) -後志地方-

小樽市内の町名「イ・ル・オ・ナイ」熊路のある沢が明治3年にこのような字に
開拓使がしたもの。

上泊(ウエドマリ) -宗谷地方-

礼文島の東海岸にある。「ウン・トマリ」船がかりの悪い入り江のなまり。

ウエンシリ岳 -網走地方-

西興部(ニシオコッペ)村にある高山。アイヌ語で「悪い山」の意味。
岩場が多くて歩きにくい山で、万年雪を渓流と気流が穿った長さ100mに及ぶ
氷のトンネルが数カ所ある。

牛首別(ウシシュペツ)川 -十勝地方-

牛首別地区から流れ、十勝川右に入る小川。
「ウシシュペッ」はアイヌ語で鹿の足跡多い川という意味だが、うるしの多い川ともとれる。

歌志内(ウタシナイ)市 -空知地方-

「ペンケオタシナイ」川上にある砂浜の多い川の下部だけを取って、歌志内と当て字したもの。

歌登(ウタノボリ)町 -宗谷地方-

「オタ・ヌプリ」という小丘の名から出たもので、アイヌ語「オタ・ヌプリ」砂山に漢字を当てたもの。

宇登呂(ウトロ) -網走地方-

アイヌ語「ウドル・チクシ」間を吾々通るところの意味。海岸の立岩と海岸の岩の間を通路にしてあった。

浦幌(ウラホロ)町 -十勝地方-

浦幌川に名付けられたもの。
アイヌ語「オラプ・ポロ」の急言で山シャクヤクの群生地の意味か。

雨竜(ウリュウ)町 -空知地方-

雨竜川からでたもの。「ウリリ・オロ・ペッ」鵜の多い川かと考えられる。

江別(エベツ)市 -石狩地方-

「エベッケベッ」三口の川 「ユベオツ」蝶鮫の川 「イ・ブッ」それぞれの入り口 の説がある。

恵庭(エニワ)市 -石狩地方-

「エ・エン・イワ」頭の尖った岩山 の意味

エサオマントッタベツ岳 -日高地方-

帯広市との境の山で十勝川に札内川、エサオマントッタベツ川、この町には新冠川を発している。
アイヌ語で山奥に行くトッタペッ(「トッタ」は函になっている川)岳の意味。
函になっている川→函状の峡谷を表している。

江差(エサシ)町 -桧山地方-

「エサシ」とは頭を浜へ出して入るものの意。

枝幸(エサシ)町 -宗谷地方-

道南の江差町と混同するため通称北見枝幸と呼んでいる。
「エ・サ・ウ・イ」頭を浜にいつもつけているもので岬のことである。

恵山(エサン) -渡島地方-

尻岸内町にある山だが、「エサン」はの意である。

えりも町 -日高地方-

もとは幌泉町と言ったが昭和45年に改名。えりもはアイヌ語「エンル」での意味。
また、幌泉も「ポロ・エンル」で大岬の意味。

遠軽(エンガル)町 -網走地方-

遠軽駅近くにある願望岩の名から出たもの。
「インカル・ウ・ペ」いつも見張りをするもの即ち見張り台の訛ったもの。

遠別(エンベツ)町 -留萌地方-

「ワッカ・ウン・ペッ」水質の悪い川が語源と思われたが、
地元では「ウエ・ペッ」人の話し合う川とする解釈を取ってきた。

雄武(オウム)町 -網走地方-

雄武川から出たもので「オ・ム・イ」川口がふさがるところという意味。

奥尻(オクシリ)町 -桧山地方-

「イクシュン・シリ」 向こうの島という意味の言葉が訛って当て字されたものと思われる。

置戸(オケト)町 -網走地方-

常呂川に合する川「オ・ケッ・ウン・ナイ」川尻に皮張り枠のある川から出たもので、
現在緑川と呼んでいる川からついた。

オコタンペ湖 -石狩地方-

支笏湖の西の山中にある沼。
この湖から流れ出る川をオコタンペ(川口に村里のあるモノ)といったのが、湖に移ったもの。

興部(オコッペ)町 -網走地方-

興部川河口から出たもので、「オ・ウコッ・ぺ」二つの川が川尻で合流しているものが訛ったもの。
興部川と藻興部川が昔は川口が合流していた。

長流(オサル)川 -胆振地方-

「オ・サ・ウン・ペッ」は川口が湿地の川の意味

長万部(オシャマンベ)町 -渡島地方-

長万部川から出た地名。
「オ・サマ・ベ」とは川尻が横になっている<海に沿って流れること>川の意味。

オシンコシンの崎(滝) -網走地方-

滝は上部から2条に分断されているので、双美滝ともよばれている。
「オ・シュンク・ウ・イ」そこに蝦夷松多いところの訛。

大楽毛(オタノシケ) -釧路地方-

釧路市内で本州製紙工場がある。「オタ・ノケ」で砂浜の真ん中の意味。

オタモイ -後志地方-

小樽市内 赤岩山の西方の海岸沿い。アイヌ語で砂浜の入り江の意味。

小樽(オタル)市 -後志地方-

「オタ・オ・ナイ」砂浜の中の川の意味

音威子府(オトイネップ)町 -上川地方-

天塩川支流のオトイネップ川からとったもの。
「オ(川口の)・トイネ(にごっている)・プ(もの即ち川の意)」で、濁川という意味である。

音更(オトフケ)町 -十勝地方-

アイヌ語の「オトプケ」で髪の毛の所という意味。
河原に髪の毛のように柳が密生していたから名付けたというが疑問である。

鬼鹿(オニシカ) -留萌地方-

「オンネ・オ・ニ・ウ・カ・ペッ(深い森林の中の川)」が省かれ→「オ・ニ・ウ・カ・ペッ」が転じた名。
行政的には「小平町内の港町」であるが、古くからの漁場地帯。

帯広(オビヒロ)市 -十勝地方-

帯広川「オ・ペリ・ペリ・ケ川口が幾筋にも裂けている川からきたもの。

小平(オビラ)町 -留萌地方-

もとは小平蘂(オビラシベ)村と言ったが昭和23年に今の名前になった。
「オ・ピラ・ウ・ペ」川口に崖のある川が語源。

雄冬(オフユ)町 -留萌地方-

「ウフイ・プ」燃えているもの・煙の出て居るもの の意味。
雄冬山はその地名からついたもの。

オプタテシケ山 -上川地方-

十勝連峰最北の位置にある。槍が肩を逸れるの意味で伝説の山である。

オロフレ峠 -胆振地方-

カルルス温泉の奥、壮瞥町に越える峠。
オロフレ川から出た名で水の中が赤いの意味。

オンネトー湖 -十勝地方-

雌阿寒岳山麓の標高610メートルの地点にある湖。
歳老いた湖の意味。湖水は青く澄んで美しく「五色沼」とも呼ばれる。

音別(オンベツ)町 -釧路地方-

音別川の「オ・ム・ペッ」川口のふさがる川の意味。

 

カ行

上磯(カミイソ)町 -渡島地方-

「カムイ・ソ」美しい岩 「カマ・イソ」波かぶりの岩 の二つの説がある。
又、松前を上手とみた時その磯から上磯となったという説もある。

上湧別(カミユウベツ)町 -網走地方-

ユウベツは「イペ・オッ・イ」食糧・豊富である・所が転じたなと思われる。
湧別川の上流にあるので上湧別とした。

神居古潭(カムイコタン) -上川地方-

国道12号線沿いの石狩川中。「カムイ」はの意味であるが、地名の場合は魔人という場合が多く、
石狩川中に岩多く危険なので、魔人の居るところといったもの。

カムイヌプリ(摩周岳) -釧路地方-

魔人の山の意味

カムイワッカ川 -網走地方-

硫黄山から流れる川。魔の飲み水の意味。

神恵内(カモエナイ)町 -後志地方-

「カムイ・ナイ」熊の沢の意味。
本来カムイとは神を意味するが、熊を神とあがめたことからカムイと言った。

カルルス温泉* -胆振地方-

登別温泉郷の奥。アイヌは「ペンケユ」川上の湯と呼んだが、環境がチェコのカールスパートに
似ているのでこの名が付いた。

カンカン川 -十勝地方-

十勝川に出る右小川。「カンカン」はのこと。腸のように蛇行しているからか?

カンカンビラ川 -十勝地方-

「カンカン」は、「ピラ」はの意味である。

木古内(キコナイ)町 -渡島地方-

木古内川から出たもので、「リリ・オ・ナイ」海水が差し入る川 が、リロナイ→キコナイに転訛したといわれる。

キトウシ川 -十勝地方-

喜登牛山の南東山麓から流れる美里別川の左小支流。
キトウシは行者大蒜(アイヌ葱)の多い意。

キムンドの滝 -胆振地方-

クチャンベツ川にある滝。
キムンドは洞爺湖のアイヌ名「キムン・ト」山奥にある湖から出た名だと思う。

喜茂別(キモベツ)町 -後志地方-

喜茂別川から出た地名。「キムン・オ・ペッ」山奥にある川の意味。

霧多布(キリタップ) -釧路地方-

アイヌ語 茅を刈るところの意味。

貴老路<浦幌町>・嫌侶<本別町>(キロロ) -十勝地方-

どちらも「キロル」水くみにおりる急な坂道のことである。
貴老路は明治33年に本別町から山越えして入植したところ。

釧路(クシロ)市 -釧路地方-

語源については諸説あるが、釧路川の川口に小さな沼があってその沼の水の出口を
「クッチャロ」咽喉と言ったのでこれがその語源となったというのが信頼できる。
 

クチャンベツ川 -胆振地方-

仲洞爺で洞爺湖に入る小川。アイヌ語で狩り小屋ある川の意味

沓形(クツガタ) -宗谷地方-

利尻島の役場所在地。「ク・ウン・カタ」岩層のある上から出た名という。

屈斜路(クッシャロ)湖 -釧路地方-

道内第2の湖でカルデラ湖としては世界で1,2の規模。釧路川の水源になっている。
「クッチャロ」は咽喉のことで、広いところから流れ出る川口のこと。釧路川への出口を指したもの。
コタンの人々は「ポロト」大沼と呼んだ。

倶多楽(クッタラ)湖 -胆振地方-

登別市に接する湖。
アイヌ語「クッタ・ウイタドリの多いの意味で、虎杖浜(コジョウハマ)のあたりをそう呼んだ。

窟太郎(クッタラ)山 -胆振地方-

倶多楽湖東南岸の三角点のあるところ。
アイヌ語で「カムウイ・ラッチャック」神の灯がともる山という伝説がある。
窟太郎はアイヌ語「クッタ」(いたどり)に当て字したもの。

クッチャロ川 -宗谷地方-

クッチャロ湖の水が流れる川。
アイヌ語「クチャル」咽喉の訛で湖から流れる川口の意味。

クッチャロ湖 -宗谷地方-

「クチャラ」の訛で湖の出口の意味。

倶知安(クッチャン)町 -後志地方-

「クチャ・アン・ナイ」狩り小屋のある川と言われているが、現在倶登山川という川が古く
「クッチャムンペッ」岩崖のそばにある川といったので、これから出たのだろうと言う説が新しい。

黒松内(クロマツナイ)町 -後志地方-

「ク・ナイ」日本の女性の入る川に当て字をしたものと言われている。

訓子府(クンネップ)町 -網走地方-

常呂川支流の訓子府川からでたもの。川底が黒いので「クンネ・プ」黒い川と呼んだ。

恋問(コイトイ) -釧路地方-

JR庶路駅の東側の湿地帯。アイヌ語「コイトイ」は波が崩すところの意味。

虎杖浜(コジョウハマ) -胆振地方-

登別市に接する海岸地帯。「クッタ・ウイタドリ多いところの訳。

サ行

咲来(サックル)峠 -宗谷地方-

音威子府へ越える道道の峠。アイヌ語「サ・ル」は夏道の意味。

札幌(サッポロ)市 -石狩地方-

「サッ・ポロ」乾いた広いところ とする説、「サッ・ポロ・ペッ」湿原を流れる大事な川
(豊平川を意味)する説がある。

様似(サマニ)町 -日高地方-

現在の様似川はアイヌ語「エサマン・ペッ」といい、川口の場所をエサマン場所というのが
訛ってサマニになったと言われている。「エサマン」はカワウソの意味。

サマッケヌプリ山 -根室地方-

標津・中標津・清里3町の境をする高山。アイヌ語で横になっている山の意。

沙流(サル)川 -日高地方-

富川市街を通り海に入る大川。「サ」は葦原のこと。

猿骨(サルコツ)村・川 -宗谷地方-

「サ」は芦の生えた湿地、「コ」は窪地のことである。

猿払(サルフツ)村 -宗谷地方-

「サ・プッ」湿地の川口に当て字をしたもの。

サルボ湿原 -釧路地方-

塘路湖の西端。「サ・ボ」で小さな湿地の意味

沙留(サルル)川 -網走地方-

興部町住吉地区を北流して沙留市街で海にはいる川。
「サ・オ・ペッ」は湿地の中の川の意味。

サロベツ原野 -宗谷地方-

稚内市・豊富町・幌延町に跨る湿原。「サ」は湿原の意味。

佐呂間(サロマ)町 -網走地方-

「サル・オマ・ペッ」葦原にある川にちなむ名。
現在の下佐呂間駅に近いサロマ湖に注ぐ佐呂間別川の名であった。
サロマ湖に注ぐ他の川の川口には葦がなく、この川口にだけは葦原があったので、
他の川と区別するためにこの名を付けた。

鹿部(シカベ)町 -渡島地方-

「シカベ」は信天翁(あほうどり)のことで、昔はこの鳥が魚群を追って北海道の海岸に
多かったので、シカベの多いところと呼んだのが略されてこの地名になったものだろう。

然別(シカリベツ)川・湖 -十勝地方-

鹿追町北方山中に水源を発し十勝川に入る中川。曲がりくねっている川の意味。
湖に生息する典型的な陸封型いわなの
おしょろこまは北海道の天然記念物。 

支笏(シコツ)湖 -石狩地方-

「シ・コッ」 大きな窪地 江戸末期まで 現在の千歳市のことを「シコツ」と呼んでいた。
それまでこの湖は「キムン・ト」山の湖と呼ばれていた。シコツの名が千歳に変わってから、
シコツが湖の名に移ってしまった。

士別(シベツ)市 -上川地方-

「シ・ペッ」は本流の意味。剣淵川と合流する上流の天塩川を「シペッ」と呼んだ。

標茶(シベチャ)町 -釧路地方-

熊牛村「クマ・ウ魚を乾かす竿がたくさんあるところ(豊漁の地を指したもの)と称したが
昭和4年に標茶村「シ・ペッ・チャ」(本流の川端)とした。

積丹(シャコタン)町 -後志地方-

「サッ・コタン」で夏の村里の意味。昔積丹川の辺りは夏を過ごす良い場所であったからだと思う。

斜里(シャリ)町 -網走地方-

斜里川の「サ・ウン・ペッ」葦の生えた湿原にある川からでたもの。

斜里岳 -網走地方-

旧称は「オンネ・ヌプリ」歳老いた山

祝津(シュクズ→シクツ) -後志地方-

小樽市内 水族館や鰊御殿、ヨットハーバーなどがある。
「シクド・ウ蝦夷ネギの多いところ から出たもの。

朱鞠内(シュマリナイ)湖 -空知地方-

雨竜川上流の枝流を堰き止めた人造湖だが、昔この一帯は蝦夷松の密林であったので、
「シュンクニ・タイ」蝦夷松林と呼び、山男が住んでいると言われたところ。

暑寒別(ショカンベツ)岳 -空知地方-

増毛町と北竜町の境をなす高山。「ソ・カ・ウン・ペ」滝上にあるものの意。

渚滑(ショコツ)川 -網走地方-

「ソ・コ」は滝壺の意味。

庶路(ショロ) -釧路地方-

名のおこりは庶路川で「ソ・オロ」は滝のところの意味。

占冠(シムカップ) -上川地方-

鵡川(むかわ)の本流という意味のアイヌ語「シ・ムカプ」(本当の鵡川)から出た地名。

白老(シラオイ)町 -胆振地方-

「シララオイ」波かぶり岩のあるところであるというが、この海岸は岩のない砂浜であり、
もともと白老川についた名から、「シラウオイ」(蛇の多いところ)という意味だと推測される。

シルコマベツ川 -網走地方-

常呂川右支流。「スル・オマ・ペッ」でトリカブトのある川の意味。

尻岸内(シリキシナイ)町 -渡島地方-

「シリキ・シラリ・ナイ」で岩壁に形像ある川 
「シ・ケシ・ナイ」山の端にある川 の二つの説がある。

標津(シベツ)町 -根室地方-

「シ・ペッ」は大川または本流の意味だが、昔は生活圏のうちで一番大切な川と呼んだもの。

士幌(シホロ)町 -十勝地方-

士幌川から出た名で、「シュオルペッ」鍋をうるかしている(うるかす→浸す)に発していると言うが
頷きがたい。「シ・ホカ・ペッ」後戻りする川の本流か「シ・ポロ・ペッ」本当に大事な川かと思う。

清水(シミズ)町 -十勝地方-

由来は清水市街の南を流れている佐幌川の支流ペケレベツ川「ペ・ペケ・ペッ」を訳したもので
水の清い川の意味なので、清水町とした。

白糠(シラヌカ)町 -釧路地方-

市街の東石炭崎のかげにある白糠川という小流で、アイヌ語「シラ・カップ」汐が引くと現れる岩の岸の川で、この海岸は砂浜ばかりだがここの沖にだけ昆布の生える岩礁がある。

知人(シリト)岬 -釧路地方-

旧釧路川川口の岬。アイヌ語「シ・エ」で大地の鼻(岬)の意味。

新得(シントク)町 -十勝地方-

新得山自然公園の山を「シリ・エト山の出鼻といい、山の北の川を「ペンケシントクナイ」
山の南側の川を「パンケシントクナイ」と言ったので、この地名がついた。

セタウシ山 -日高地方-

「セタ・ウ」は狼がおおいの意味。

瀬棚(セタナ)町 -桧山地方-

「セタ・ナイ」「セタ」とは犬又はオオカミを意味する。
犬が鹿を追って泳ぎ下ったという伝説がある。

瀬多来(セタライ)川 -十勝地方-

浦幌川中流左支流。アイヌ語「セタライタ」ダイコン草と関係あると思われる。

雪裡(セッツリ)川 -釧路地方-

釧路湿原を流れる川の1つ。「セッ・チリ・ウ巣鳥()の多いところの意味。

仙鳳趾(センボウシ) -釧路地方-

浜中町で太平洋に向かった小漁村区。アイヌ語 雑魚の多いところ(川)の意味。

壮瞥(ソウベツ)町 -胆振地方-

洞爺湖から流れ出て長流(オサル)川に入る川に大滝があり、その川を「ソウペッ」(滝川)と
呼んでいたのでその音にこの漢字を当てたもの。

タ行

大樹(タイキ)町 -十勝地方-

「タイキ」はノミのことで、「タイキウシ」ノミの多いところの上部に当て字したもの。

地球(チキュウ)岬 -胆振地方-

室蘭市母恋の岬。「チケレ・プ」削られたものが転じた名という説もある。
金屏風・銀屏風と呼ばれる二つの断崖絶壁の岬がある。
海上からの壮大な夕日で知られる。

チセヌプリ山 -後志地方-

共和町と蘭越町の境界の高山。家型の山の意味

達古武(タッコブ)沼・川 -釧路地方-

「タッコ」は瘤(コブ)山の意味。

乳呑(チノミ) -釧路地方-

庶路川の下流酪農地帯。アイヌ語「チ・ノミ」でわれわれの祭りするところの意味。

忠類(チュウルイ)村 -十勝地方-

当縁川の支流「チュルイトプッ」波の強い沼口の上部だけに当て字をしたものである。

チロロ岳 -日高地方-

日高町東方千呂露川上流右岸の山。一説によると「チ」と「ロ」でわれわれの路というが、
「チロロ」を「チリ・オロ」鳥の居るところ、「シ・オロ」山のあるところの訛ったものという説もある。

ツツウシの岬 -十勝地方-

広尾川の南対岸にある岬。ツツウシはアイヌ語「チシュイ・ウあまにう(食用植物)の多いところの意味。

津別(ツベツ)町 -網走地方-

「ド・ペッ」で山の走り尾根の下の川であるというが明らかではない。

天売(テウリ)島 -留萌地方-

羽幌町北西、日本海上の島。「チケレ・シリ」で削られている島の意味。
オロロン鳥、うとう等の海鳥繁殖の島。

天塩(テシオ)町 -留萌地方-

この地名由縁の川・天塩川の「テ」は簗(やな)の意味で、昔この川の中流に川の中に
岩が一条に並んで、あたかも魚を捕るための簗の様に見えたことからこの名が付いたとされている。

弟子屈(テシカガ)町 -釧路地方-

アイヌ語「テシカ・カ」は岩盤の上という意味。ここの旧釧路川の川中の状態を表した名前。

涛沸湖(トウフツ)湖 -網走地方-

網走市街の南東にある海跡湖。「ト・プッ」は沼口の意味。

当別(トウベツ)町 -石狩地方-

札幌近郊の町。「ト・ペッ」沼川からつけられた。

当麻(トウマ)町 -上川地方-

旭川近郊の町で鍾乳洞がある。「ト(沼)・オマ(にある)・ナイ(川)」
「ト(沼)・オマン(行く)・ナイ(川)」
の音訳。

洞爺(トウヤ)湖 -胆振地方-

トウヤは湖の岸(湖畔)の意味だが、アイヌ名は「キムン・ト」山の湖と呼んだ。

床丹(トコタン) -釧路地方-

釧網線沿いの丘で、アイヌ語「ト・コタン」は沼ぶちの村の意味。

常呂(トコロ)町 -網走地方-

「ト・コ・ペッ」常呂川に付いたアイヌ名で沼を持つ川から出た。

トッカリショ岬 -胆振地方-

室蘭市母恋南町。アイヌ語であざらしのあがる岩礁の意味。

椴法華(トドホッケ)村 -渡島地方-

「ド・ポ」で岬の陰の意から出た。

苫小牧(トマコマイ)市 -胆振地方-

昔はマコマイ(陰にある川)と言ったが、付近に「ト・マク・オマ・ナイ」沼の奥にある川という
川があるので混同してトマコマイとなった。

苫前(トママエ)町 -留萌地方-

「トマ・オマ・イ」えぞえんごさくの多いところの意味。現在は風力発電で有名。

トマム -上川地方-

湿地という意味。現在はスキー場やテニスコートがあるリゾート地である。

トムラウシ山 -上川地方-

旭岳と共にもっとも新しく噴出した火山。
元来は川の名で、「トンラ・ウ」でトンラ(川の中の水垢)で滑る川の意味。

 

ナ行

七飯(ななえ)町 -渡島地方-

大沼・駒ヶ岳を抱く町。「ヌ・アン・ナイ」漁りのある川からでたもの。
当初は七重村と書いたが、後に飯田村と合併して現在の七飯となった。

名寄(ナヨロ)市 -上川地方-

名寄川から出た名で、「ナイ・オロ・ペッ」谷の所の川のナイオロに当て字したもの。

新冠(ニイカップ)町 -日高地方-

新冠川から出た名前。アイヌ語「ニ・カ」とは木の皮のことであるが、何故木の皮が川の名前に
なったのか明らかではない。

ニセイカウシュペ山 -上川地方-

峡谷の上にいつもいる山の意味。

ニセコアンヌプリ -後志地方-

倶知安町とニセコ町の境にある山。
「ニセイ・コアン・ヌプリ」峡谷に寄りかかる山 山裾がニセコアンベツにせまり
峡谷をなしているからだろう。

ニセコ町 -後志地方-

もともとは狩太町(「マッカリプト」<真狩川口>の後半を取った)だったが、
昭和39年にニセコ町と改称。

西別(ニシベツ)川 -根室地方-

標茶町虹別に水源を発し東流して別海市街でオホーツク海に入る川。
昔から鮭が豊かに上る川で知られる。「ニ・ウ・ペッ」木の多い川が語源。

二風谷(ニブタニ)川 -日高地方-

沙流川中流、荷負と小平の間。アイヌ語で柄にする木を伐るところいうが定かではない。

幣舞(ヌサマイ)町 -釧路地方-

釧路市内にある幣舞橋は有名。「ヌサ・オマ・イ」祭壇あるところと呼んだのに漢字を当てた。

布部(ヌノベ) -上川地方-

富良野市街の地で、布部川から来ている。「ヌ・オッ・ペッ」木の実の多い川の訛ったもの。
胡桃が多かったのでこの名が付いた。

根室(ネムロ)市 -根室地方-

根室湾に注ぐ根室別川から出たもの。「ニ・ム・オロ・ペッ」流木の詰まるところの川に当字したもの。

納沙布岬(ノサップ) -根室地方-

現在は岬の名になっているが、岬の陰の入り江を「ノッ・サム」(岬の傍ら)と呼んだものによる。

野寒布岬(ノシャップ) -宗谷地方-

「ノッ・サム」岬の傍らの意味

野付(ノツケ)崎 -根室地方-

尾袋沼(オダイヌマ)の向かいにつながる長さ28kmの砂嘴。
この名は岬全体に付いたのではなく尾袋沼に突き出た先を「ノテット」岬の突端といい、
その近くの一部を「ノッケイウ」頭・岬と呼んだもの。

能取(ノトロ)湖 -網走地方-

能取は岬に着いた名で「ノッ・オロ」岬の所という意味で、湖は「オンネ・ト」年老いた湖と呼ばれていた。

登別(ノボリベツ)市 -胆振地方-

登別川の名前を取ったもの。「ヌプ・ペッ」川水の色の濃い川という意味。

ハ行

函館(ハコダテ)市 -渡島地方-

先住民達はこの地を「ウス・ケシ」湾の端と読んでいたが、宝徳年間、この地に逃れてきた
河野政通が函館山麓に築いた箱形の館を先住民が「ハク・チャシ」浅い館と呼んだことから
箱館となったと言われている。が、明治2年松浦武史郎が蝦夷地を北海道と命名し、
箱館という地名を函館に改名したがアイヌになんの関係もない。

馬主来(バシクル)川・沼 -釧路地方-

アイヌ語「パシュクル」は嘴太鴉(シブトカラス)のこと。

抜海(バッカイ) -宗谷地方-

稚内市内抜海駅から西。「パッカイ・シュマ」子負い石から出たもの。

ハッタオマナイ岳 -日高地方-

穂別町との境界の山。ハッタオマナイ川(淵にある川)の奥山の意味。

花咲(ハナサキ)岬 -根室地方-

根室の漁港。アイヌ語で「ノッ」岬・顎といったのを崎の出鼻、鼻先に花咲と当て字したもの。

羽幌(ハボロ)町 -留萌地方-

「ハプ・オロ・オ・ペッ」でハプは樺太アイヌ語のうばゆりのこと、うばゆりのところにある川
意味であると言われている。

浜頓別(ハマトンベツ)町 -宗谷地方-

「ト・ウン・ペッ」 で沼に入る川の意味だが、海岸にあるので浜頓別とした。

浜中(ハマナカ)町 -釧路地方-

浜中湾の西側海岸を「オタ・ノケ」砂浜の中央と呼んだので、この意味に漢字を当てて浜中にした。

早来(ハヤキタ)町 --胆振地方

「サ・ルペペ」夏越える路と言ったのに早来(サックル)という字を当てた。
後に読みづらいので「はやきた」と読むようになったと思われる。

パンケトー -釧路地方-

川下の沼の意味

パンケヌシ川・山 -日高地方-

沙流川左支流の川。「パンケ」は川下、「ヌ・ウ」で豊漁のという意味なので、
川下の豊漁川の意味。

花畔(バンナグロ) -石狩地方-

札幌に隣接し、国道231号線と道道石狩手稲線分岐点の市街。
「パナウンクル・コタン」川下人のむら から出たもの。

美瑛(ビエイ)町 -上川地方-

美瑛川から出た地名で、「ピイ」は油ぎったの意味で、美瑛川の水源に十勝岳があり、
硫黄分が入るため水が濁り油ぎっているのでこの名で呼んだもの。

美唄(ビバイ)市 -空知地方-

美唄川に川貝が多かったので「ピパ・オ・イ」川貝の多いところに漢字を当てはめたものだろう。

美馬牛(ビバウシ) -上川地方-

美瑛市街に広がる畑作地帯。
美唄同様「ピパ・ウ川貝の多いという意味で、美馬牛川からきている地名である。

美々(ビビ) -石狩地方-

千歳、苫小牧に接する町。「ペッペッ」川また川の意味。

美笛(ビフエ)峠、美笛川 -石狩地方-

支笏湖の西岸、千歳鉱山のある美笛流域一帯。
「ピプイ」石の穴、石の岬、石の瘤山の意味。

美深(ビフカ)町 -上川地方-

「ピウカ」は石河原のことで、美深市街の傍らを流れる川を昔からそう呼んでいる。
鮭のよく上った川で川口の石原にいて鮭を突いてとった所だという。

美幌(ビホロ)町 -網走地方-

網走川支流美幌川から出た地名。
「ペポロペッ」で水量の多い川と「ピポロペッ」石の大きい川との2つの解釈がある。

比布(ピップ)町 -上川地方-

比布川から出たもの。
「ピプ」沼多きところ が訛ったものとあるが、他の説で「ペッペッ」川また川が訛ったもの、
「ピピ」小石のたくさんあるところ、「ピオプ」石の多いところとも考えられる。

平取(ビラトリ)町 -日高地方-

「ピラ・ウド崖の間に漢字を当てたものである。

広尾(ヒロオ)町 -十勝地方-

広尾川支流の東西広尾川のコイカクシュピロロ川とコイポクピロロ川の下段のピロロから出たもの。
ピロロとは「ピラ・オロ」で崖の所の意味。

ピンネシリ -日高地方-

アポイ岳北奥にある峰続きでマチネシリと対の山。アイヌ語で男山の意味で雷神や水神に
まつわる伝説のある山。

風連(フウレン)町 -上川地方-

天塩川支流「フレ・ペッ」赤い川から出たものかと思われるが、現在この川は市街から3キロほど離れている。
赤い川という意味だが水が赤いわけではなく、酸化鉄が含まれているので川底が赤く錆びたように見えたのでこう呼んだのだろう。

風不死(フップシ)岳 -石狩地方-

支笏湖の南岸、樽前山と並ぶ山「フップ・ウトド松の多い という意味。
南側には溶岩が浸食されて出来た裂孔「苔の洞門」がある。

船泊(フナドマリ) -宗谷地方-

礼文島の地方港湾。この地帯をこの名で呼んでいるが、行政的には大供(オオソナエ)という。
アイヌ語「オ・ソ・ウン・ナイ」川口に滝のある川から出ている。

富良野(フラノ)市 -上川地方-

富良野川が空知川に合流するところにあった地に名付けられたもの。
「フーラヌイ」は匂いを持つところの意味で、川の上流に十勝岳があり、水が硫黄の匂いがするので
こう呼ばれた。

フンベの滝 -十勝地方-

広尾市街から黄金道路に沿って南へ3キロの地点にある。アイヌ語でクジラのこと。

別海(ベッカイ)町 -根室地方-

西別川が海に注ぐ手前で折れたように曲がっているところを、アイヌ語で「ペッ・カイ」
川の折れ目と呼んだ。

別寒辺牛(ベッカンベウシ)川 -釧路地方-

「ペカペ・ウ・ペッ」菱の実の群生する川の意味だが諸説ある。

別保(ベッポ) -釧路地方-

釧路市に隣接する内陸の集村。
「ペッ・ポ」で川の子供の意味。あまり役に立たない川の意味で、湿原の川で魚があまり上らなかったからであろう。

ベベルイ川 -上川地方-

富良野岳に源を発し、南部を西に流れる中川。水がちらばりすべるという意味。

ペンケトー -釧路地方-

川上の沼の意味

ペンケペタン川 -空知地方-

雨竜沼から流れる川。
アイヌ語で川上にある鹿の泥遊び(発情期に泥水を浴びる)する湿地のある川の意味か、
或いは川上の水汲み川の意味かと思う。

ペンケヌシ川・山 -日高地方-

沙流川左支流。「ペンケ」で川上、「ヌ・ウ」で豊漁という意味。川上の豊漁川の意味。
実際に鱒が多くのぼる川だったという。

穂別(ホベツ)町 -胆振地方-

ホベツ川から出た地名。
「ポ・ペッ」に当て字したもの。「ポ」は子供の意味で支流のことだが、
子供のようにあまり役に立たない(魚の少ない)川の意味でもある。

幌加内(ホロカナイ)町 -空知地方-

地名は幌加内川に付いたもので「ホカ・ナイ」は後戻りする川の意味で、川の流れが
本流の雨竜川の逆に流れていて、狩りに山に行く人がこの川筋にはいると、
海の方に後戻りされたのでこの名が付いた。

幌延(ホロノベ)町 -留萌地方-

「ポロ・ヌ広い原野のことを言う。サロベツ川下流の原野を呼んだもの。

幌満(ホロマン)川 -日高地方-

様似町最大の川で広尾岳に発して30キロを南下して海に注ぐ急流。「ポ・オマン・ペッ」
洞窟から流れ出る川の意味。

マ行

幕別(マクベツ)町 -十勝地方-

幕別川から出たもので、アイヌ語「マ・ウン・ペッ」山陰にある川の意味の訛ったもの。

増毛(マシケ)町 -留萌地方-

現在の浜益(石狩支庁)をマシケといい、そこの漁場がこの地に移ったときにもとのマシケを
「浜マシケ」と呼び浜益になった。「マシュ」とはウミネコのこと「ケ」は「ケイ」で来ると言う意味。

摩周(マシュウ)湖 -釧路地方-

昔の人々は「カムイ・ト」と呼んだ。マシュウは和人の付けた名である。
湖中の小島「カムイシュ島」は紳婆の意味。

真狩(マッカリ)町 -後志地方-

真狩川から出た地名。「マ・カリ・ペ後ろをまわる川の意味で尻別川からみて羊蹄山の
後ろを流れる川ということ。

三石(ミツイシ)町 -日高地方-

現在蓬莱岩と呼んでいる岩を先住の人々が「イマニッ・ウ焼串のあるところと呼んだのが
訛ったと言われている。

鵡川(ムカワ)町 -胆振地方-

「ムッカ・ペッ」で川口がふさがる川の意味から出たものである。

室蘭(ムロラン)市 -胆振地方-

「モ・ルエラン」で小さい下り路の訛という説と、「モルランナイ」小路の下る川という説もある。

女満別(メマンベツ)町 -網走地方-

女満別川から出たもので、「メ・アン・ペッ」湧き壺のある川の意味。

芽室(メムロ)町 -十勝地方-

芽室川の名から出たもので「メムオロ」→「メ・オロ・ペッ」清水の湧壺の所の川の訛ったものである。

モーラップ -石狩地方-

支笏湖畔 風不死(ふっぷし)岳の東山麓、モーラップ山一帯付近の地名。
「ゆるやかな翼」
の意味を持つ。現在はキャンプ場がある。

藻琴(モコト)湖 -網走地方-

藻琴駅の傍らの半鹹水湖。モコトはアイヌ語「ポ・コ・ト」で子を持つ沼の意味。

妹背牛(モセウシ)町 -空知地方-

「モセ・ウ」はおおばらいらくさの多いところの意味である。
もとは望畝有志(もせうし)と書いたが、明治31年国鉄開通の時に駅名をこの文字にした。

門別(モンベツ)町 -日高地方-

門別川から出た名で、アイヌ名「モ・ペッ」は流れの緩やかな川の意味。

ヤ行

焼尻(ヤギシリ)島 -留萌地方-

「ハンケ・シリ」陸に近い島のなまったもの。

夕張(ユウバリ)市 -空知地方-

「ユー・パロ」温泉の出口の意味。芦別岳を水源に持つ夕張川から出たものだろう。

由仁(ユニ)町 -空知地方-

由仁川から出たもの。「イ・ウン・イ」蛇のいるところという意味で、実際にも蛇が多い沢があったという。

余市(ヨイチ)町 -後志地方-

余市川を「イ・オチ・ペッ」蛇の多いところの川と呼んだことから出た地名。

 

ラ行

羅臼(ラウス)町 -根室地方-

「ラ・ウ」は葛の蔓多いところという意味か。その他諸説ある。

羅臼岳 -根室地方-

斜里町との境にある大山。アイヌ語では「チャチャ・ヌプリ」古老山と呼んだ。
年中雪をかぶって頭が白いためか、古老のように大事なという意味での呼び名であろうか。

蘭越(ランコシ)町 -後志地方-

「ランコ・ウ桂の木の多いところの意味。
桂は丸木船にするもっとも良い材であったのでこうした地名が付いたのだろう。

陸別(リクベツ)町 -十勝地方-

「ユ・ウン・ペッ」鹿のいる川から出たと言われている。

利尻(リシリ)町 -宗谷地方-

「リシリ」はアイヌ語で高い島の意味。礼文島の平らなのに比べ、秀麗な利尻富士のそびえるこの島を
「リ・シリ」高い島と名付けた。

留寿都(ルスツ)村 -後志地方-

「ルシュブキ」けわしい葦源道という意味とする説と、「ル・シュト道が臂(シュト)のように
曲がっている
からという説がある。現在は大きなスキー場と遊園地がある。

留辺蘂(ルベシベ)町 -網走地方-

「ルペペ」越路の意がなまったもの。

留萌(ルモイ)市 -留萌地方-

「ルル・モ・ペ」潮の静かな川とする説と「ルルペ・モイ」山手の湾とする説がある。

留辺斬(ルペス)岳 -根室地方-

斜里町との境をなす山。アイヌ語「ルペッペ」のなまり。路が越えて行くの意味。

礼文(レブン)町 -宗谷地方-

礼文島のことをアイヌ語で「レプン・シリ」沖の島と呼んだものによる。

ワ行

稚内(ワッカナイ)市 -宗谷地方-

「ヤム・ワッカ・ナイ」の頭略形で、冷たい飲水川の意味。

和寒(ワッサム)町 -上川地方-

「アッ・サ」の転訛で楡の木の傍らという意味と言うが、定かではない。